コンビニ、スーパー新商品、話題のグルメ情報局

コンビニ、スーパーの新、限定商品や巷で話題、人気の商品情報と再現料理、食べ比べを中心に紹介

トップバリュのブラックチョコレートと70%カカオブラックチョコレートを食べ比べ

トップバリュで2種類のブラックチョコレートが販売されていたので、何が違うのか比較検証してみた

 

 

①見た目

f:id:sweetdevil39:20180429112103j:image

写真上

70%カカオブラックチョコレート

写真下

ブラックチョコレート

 

まず根本的な違いは、同じブラックチョコレートと言う括りだが、一方は70%カカオ含有のチョコレートとして販売している点だ

 


②原材料

f:id:sweetdevil39:20180429112517j:image
写真上

70%カカオブラックチョコレート


写真下

ブラックチョコレート

 

 


原材料の表記は含有量の多いものから順に表記されている


こちらの場合、先頭に表記されているものが

 

70%カカオブラックチョコレートカカオマス

 

ブラックチョコレート砂糖



つまり、同じブラックチョコレートなのに両者の何が違うかと言うと、記載されている通りカカオマスの含有量の違いである

 

また、含まれているもの自体の違いとして

 

70%カカオブラックチョコレートは、ココアバター、ココアパウダーを使用している

 

ブラックチョコレート植物油を使用している

 

と言うところも特徴的だ

 

 

その他の違い

 

70%カカオブラックチョコレート乳糖が入っている

 

ブラックチョコレート全粉乳が入っている

 

③成分表示表

f:id:sweetdevil39:20180429112353j:plain

写真上

70%カカオブラックチョコレート

 

カロリーは229㎈

糖質は15g

 

写真下

ブラックチョコレート

 

カロリーは307g

糖質は26g

 

④中身f:id:sweetdevil39:20180429112531j:image

 写真上

ブラックチョコレート

 

写真下

70%カカオブラックチョコレート

 

ブラックチョコレート

明るいブラウン色

 

70%カカオブラックチョコレート

黒に近い濃いブラウン色

 

デザイン(板)

ブラックチョコレート

よく見るシンプルなブロック型

 

70%カカオブラックチョコレート

謎にお洒落感がある

 

 

 グラム

ブラックチョコレート

55g(2018.4現在)

 

70%カカオブラックチョコレート

40g(2018.4現在)

 

 

 ⑥料金

ブラックチョコレート

税込84円(2018.4現在)

70%カカオブラックチョコレート
税込105円(2018.4現在)

 

 

コスパ
ブラックチョコレート
1g1.5円

 

70%カカオブラックチョコレート

1g2.6円



値段ブラックチョコレートの方が安いのでコスパならブラックチョコレートがオススメ

 

ブラックチョコレート

 ブラックチョコレートとは言うが甘味もある

 

70%カカオブラックチョコレート
結構ビターな味チョコの苦味を感じる、甘味若干感じるか、程度

 

 比較

70%カカオブラックチョコレートはブラックチョコレートと比較すると苦味があり、カカオマスの風味が効いている、チョコレートを食べいる感が強い商品

また口当たりは、ブラックチョコレートの方には植物油が入っているからか、チョコレートが柔らかい歯触りで、口の中で滑らかに溶けていく


それと比較すると若干だが、70%カカオブラックチョコレートの方が硬い歯触りである

 

70%カカオブラックチョコレートの方がブラックチョコレートより苦味があるので、チョコレート感をより感じたい人にはオススメ

 

なのでチョコレート感をより感じたい人にはブラックチョコレートの方が甘さが強いと感じるだろう

 

ミルクチョコなど甘いチョコレートが好きな人には70%カカオマスチョコレートは結構苦味があるので、ブラックチョコレートの方がオススメ

 

 

総評

料金、味を比較して、チョコレートを買う目的により変える事が出来ると思う

 

ブラックチョコレートはそのまま食べる他に、柔らかいのでチョコレートを溶かすなどの加工に向いてそうなチョコレートだと思う


一方70%カカオブラックチョコレートは、苦みがあるので、生クリームと合わせたり、プラリネやガナッシュを包むチョコレートコーティングとして、甘すぎない仕上がりになりそうだと思う

 

トップバリュと言うリーズナブル商品を扱う店舗において、選択肢が増えた事は製菓作りをする人には朗報ではないだろうか