コンビニ、スーパー新商品、話題のグルメ情報局

コンビニ、スーパーの新、限定商品や巷で話題、人気の商品情報と再現料理、食べ比べを中心に紹介

横浜駅にある喜久屋(きくや)のラムボールを再現!レシピ付き

横浜駅にある喜久家のラムボールを作ってみた

f:id:sweetdevil39:20180125163901p:image

みなさんは喜久屋のラムボールはご存じだろうか?

 

横浜では昔からある老舗の洋菓子店で、有名なお菓子なのだが、私は今まで知らずに生きてきた

 

きっかけはネットサーフィンをしていた時に巡り合ったのだが、見た目は素朴で喫茶店とかで出て来そうな焼き菓子


チョコレートコーティングされたそれは

 

"中はラム酒が染みたスポンジ生地、ラムレーズンやナッツが入っており、ラム酒の香りが漂う"

 

などと関連記事には書かれているではないか

 

 

…これは完全に私の好みとドンピシャなお菓子を見つけてしまった

 

 

実は私、幼い頃干しぶどうが得意ではなかった


"生のぶどう"を知っていたが故に、"干したぶどう"のヴィジュアルを見た時、

 

何故ぶどうを干してしまったのか?

そのまま食べた方が美味しいのに」

 

という憤りを感じたのと、物は試しで干しぶどうを食べた時に

 

 

「やっぱり干してないぶどうの方が美味しい

 

 と思ってから干しぶどうを食べようとは思わなかったのだ

 


それから大人になったある日、とあるバーでお酒を嗜んでいた時、つまみとしてドライフルーツが出され、そこに枝の付いた干しぶどうがあった


なんとなしにそれをつまみ、お酒(ワインだった)を呑んだ時に

 

「あれ…干しぶどう美味しい…

ワインとすごく合うじゃん!

 

と衝撃を受けてからと言うもの、寧ろ干しぶどうが好きになったのだった


そしてそんな頃に、ラム酒とレーズンを合わせたラムレーズンに出会い

 

レーズンは、ラム酒がめちゃめちゃ合う

 

と気付いてからは、ラム酒もレーズンも大好きになっていた

 

そんな経緯があるので、ラム酒、レーズン、チョコレートと言う私が大好物な食べ物が揃った「ラムボール」が、是が非でも食べたくなったのだった

 

 

食べたい食べたい、ラムボールが食べたい!!

 

 

しかし、めんどくさがりな私


ラムボールを、横浜駅まで買いに行く気力体力までは持ち合わせていなかった

 

(※追記: 本文作成時はラムボールを食べたことがなかったが、その数ヶ月後ひょんなことから横浜に行く機会に恵まれ、無事喜久屋のラムボールを食べる事が出来た)

 

食べたいのに食べれない
だったら作ってしまおう

 

 

と言うことで前置きが長くなったが、喜久家の「ラムボール」を自作してみた

 

 

材料(2人分)

 

●生地

卵白  1個分

砂糖  20g

油  12cc

水  12cc

薄力粉  20g

 

●ラムレーズン

レーズン 適量

ラム酒  適量

因みに、酒好きの私激おすすめラム酒

これは調理の現場でも仕込みで使用していて、プロ御用達

味も香りも私は好きである

 

レーズン  適量

 

●コーティング

カカオマス入りチョコレート  30gほど

 

道具

必要な道具

ホイッパーまたはハンドミキサー

ボール

スポンジを焼く型やバッド

クッキングシート

スプーン

あると便利

コーティングしたチョコを置くクーラー(バットと金網)

 

わたしおすすめの調理器具やさんは↓。結構そろっているので製菓を作る人にはおすすめ

 

作り方

 

下準備

1.ラムレーズンを作っておく

ラム酒にレーズンを漬けて最低1日以上置く

 

2.生地を焼く

ボールに卵白を入れて砂糖を振り入れながら、ツノが立つまで泡立てる

 

油、水、振るった薄力粉を入れて混ぜ合わせ、型に生地を流し入れ、170度のオーブンで焼く

f:id:sweetdevil39:20180421163229j:image

 

3.ラムボール作成

生地をさいの目に切り、ボールに入れる

ある程度細かく切れば良い

 

そこに漬けていたレーズンを入れる(ラム酒は入れない(残っている場合))

 

生地が固いペースト状になるまで、根気よく混ぜ合わせていく

 

途中ココアパウダーを入れて、さらに混ぜる

混ぜにくかったら、レーズンを漬けていたラム酒を少量入れる(水っぽくならないよう注意)

 

固いペースト状になったら生地をラップに包み、丸く形成、重さは50gくらいが近い

追記:正式なグラム数は53gであった(2020.3現在)

 

4.チョコレートを溶かす

チョコレートをボールに割り入れ、湯煎等で溶かす

 

先程丸めた生地をボールに入れ、転がしながらチョコレートをコーティングしていく

 

コーティング出来たら脚付きの金網に乗せる

コルネ(チョコペン)を作る。サランラップやクッキングシート、ビニ袋でも可

 

5.デコレーション

先ほどのラムボールに、作ったコルネで模様をつける

チョコレートが固まったら銀紙に乗せて…

 

完成

f:id:sweetdevil39:20180421181217j:plain

めちゃめちゃラムボールっぽい

 

こちらが本家のラムボール

f:id:sweetdevil39:20200418034118j:plain



 

横浜駅の喜久屋と再現の比較

左が本作品、右が本家 ↓

f:id:sweetdevil39:20180421182257j:plain

写真を合わせてみても色はかなり似ていると思う

f:id:sweetdevil39:20200417195613j:plain

上本作品、下が本家
 

では早速…

 

実食

再現の方が、若干柔らかい食感だがラム酒の風味やチョコレートの固さや味はいい塩梅、味見た目共に本家に近い出来になっていると思う

 

 

 このレシピを作成するまで、私は何度も何度も試行錯誤を重ねてやっと本家の味、見た目に近づけることが出来た

もはや執念の味

好きが高じると執念に変わるのか…

 

 

本家に近づけるコツ、ポイントとして

 

●チョコレートはビター(カカオマス入りチョコレートがベスト)を使う

●生地は卵黄を入れずに焼く

色付けにココアパウダーを少量入れる

 

だと個人的には勝手に思っている

 

 おまけ

f:id:sweetdevil39:20180219112401j:image

念願叶って手に入れた、喜久家のラムボール